虫がついたら退治する

虫がついたら退治する

虫がついたら退治する

ガーデニングをしていると必ず出てくる問題が、虫です。

植物を育てていると、虫がつくことがあります。

腐葉土からコバエなどの虫が産まれてくることや、苗の段階で既にアブラムシなどが葉の裏にいることも。

大きな庭だとバッタやアオムシなどがやってくるかもしれません。

受粉を手助けしてくれるだけの虫ならいいのですが、葉を荒らしてしまうような虫の場合は退治しなくてはいけません。

園芸店などには、虫対策の殺虫剤や農薬が売られています。

それらを散布すれば、効果があるでしょう。

ただし、あまり強すぎる薬はその環境を壊してしまうことがあります。

また、散布の仕方次第では近所にも広がってしまい、誤って人が吸い込んでしまう場合がありますので、注意が必要です。

その草花が観賞用のものならいいのですが、野菜など口にするものなら農薬はお勧めできません。

そういった植物には自然農薬を使いましょう。

これも園芸店などで販売されています。

また、ニンニクスプレーやタバスコ、牛乳なども虫によっては効果があります。

自然に優しい成分ですので、自然農薬は劇的な効果は期待できません。

それでも、マメに使えば効果は表れます。

ガーデニングをしていると、必ず虫は出てきます。

植物に害を及ぼすものは駆除しなくてはいけませんが、そこまで神経質になることもありません。

虫も寄りつかないような庭は、あんまり素敵ではなさそうじゃないですか?

悪い影響がなければ、共存するぐらいのつもりでいきましょう。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional