本格的イングリッシュガーデンを作ろう

本格的イングリッシュガーデンを作ろう

本格的イングリッシュガーデンを作ろう

ガーデニングは、イギリスが発祥の地と言われています。

イギリス風景式庭園をイングリッシュガーデンと呼びますが、この様式が元になっているのです。

イギリスの庭園と聞いて思い浮かべるのが、多くの花が咲き誇る広大な庭かと思います。

道を囲むようにして様々な花が咲き、規則正しくなくとも自然に調和している庭。

常にバラが咲いていて、噴水やベンチが置かれている庭。

そんなイメージが強くあるのではないでしょうか。

イングリッシュガーデンは、左右対称に整然と作られた庭園ではありません。

あくまで自然をイメージし、融合させた庭です。

規則正しく整然とはしていないけれど、それが自然に見える庭。

自然とは雄大なもので、それを表現するにはそれなりの敷地も必要になります。

ですから、なかなか日本でそれを表現するのは難しいかもしれません。

しかし、工夫次第で近づけることもあります。

大事なのは自然とファンタジーです。

人工的な庭にするのではなく、あくまで自然に植物がそこに生えているように見せましょう。

綺麗に揃えるのではなく、見苦しくない程度に自然に任せて育てます。

低い草花を手前に、高い草花を奥に配置し、高低をつけます。

家の中に庭を作ったのではなく、自然の中に家を作ったようなイメージ、森の中に間借りさせてもらっているような感じです。

そして『不思議の国のアリス』や『ヘンゼルとグレーテル』に出てきそうな、ファンタジー性のある庭にします。

オブジェにブリキを使ったりして、小物を英国風にすればファンタジー性は出てくるでしょう。

そのように工夫すれば、イングリッシュガーデンのように作れます。

日本でもイングリッシュガーデンを行っている家や、公園はあります。

それらを見て、参考にしてみてください。

上手にすれば、狭くても素敵なイングリッシュガーデンが作れるはずです。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional