岩や柵を使ってガーデニングの一工夫

岩や柵を使ってガーデニングの一工夫

岩や柵を使ってガーデニングの一工夫

ガーデニングとは、庭を作ることです。

植物を育てるだけではありません。

草花だけではなく、その周りにもこだわってみましょう。

庭の周囲や花壇の周りなどを木の柵で囲うと、すっきりとして見えます。

柵は手軽に使えますし、好きな色にしたければペンキで塗ってしまっても構いません。

その方が逆に手作り感が出るので、庭が柔らかく見えます。

隣の家との目隠しの効果もある少し高めのフェンス。

このフェンスもただ置いておくと不格好ですが、プランターを下げたりすれば、ガーデニングの一部に見えてくるでしょう。

上手く使いたいのが、岩やレンガ、石などです。

庭にレンガを敷いたちょっとした小道。

材料があれば、一般の人でも作ることができます。

多少のガタガタも味になるので、是非やってみましょう。

ただし、材料が重いので、女性が一人で行うと少し大変かもしれません。

砂利を敷いた道なら、もっと簡単にできます。

また、レンガを積み上げてプランターの高さを変えるなど利用すると、立体感が出ます。

日本古来の石庭のように、大きな岩を配すのもいいでしょう。

和風の庭にしたいときには、重宝するはずです。

実際に大きい岩だと重くて大変ですが、最近ではフェイクの岩も販売されています。

そこまで重くはないので、ガーデニングには使いやすいはずです。

木や岩など自然の素材は、やはりガーデニングとの相性は抜群です。

それらを上手に使って、思い通りの庭を作りましょう。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional