屋上をガーデニングでヒートアイランド対策

屋上をガーデニングでヒートアイランド対策

屋上をガーデニングでヒートアイランド対策

近年、夏になるとヒートアイランドという言葉をよく聞きます。

ヒートアイランドとは、郊外などに比べて都市部の気温が高くなることです。

夏には熱中症になる人が増え、問題視されています。

ゲリラ豪雨の原因にもされています。

これは、本来は森や土だった場所が舗装されたりビルになったりして、熱を吸収できなくなったことや、エアコンや車などの排熱が引き起こしているのだそうです。

そのヒートアイランドの緩和策として、各地の緑化が進められています。

学校の校庭を芝生にしたり、公的な場所でも多くの植物が育てられるようになりました。

その中でも効果があると言われているのが、屋上の緑化です。

屋上を緑化することで、そのビルに太陽光が直接当たりにくくなり、伝わる熱量は5分の1にもなります。

緑化していないビルの表面は、夏の日中には55℃にもなりますが、緑化をすると30℃と、半分近くにもなるのです。

緑が熱を吸収し水分を蒸発させることで、そのビルに伝わる温度を下げてくれるからです。

エアコン代も節約できます。

ビルの側面も、ツタなどの壁面緑化させられる植物を育てれば、さらにそのビルは温度を下げられます。

ビルの屋上や壁面を緑化できるのなら、是非試してみましょう。

屋上緑化や壁面緑化は、地球の環境にも家計にも優しいのですから。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional