夏の花でガーデニング

夏の花でガーデニング

夏の花でガーデニング

夏は陽の光をたくさん浴びられる季節。

太陽の力で、植物もすくすく育ちます。

ガーデニングを始めるには、それほど難しい季節ではありません。

ただし、この時期に重要なのは、水遣り。

ちょっとでも油断していると、すぐに土が乾いてしまい、枯れてしまうこともあります。

マメに水遣りを行わなくてはいけません。

基本的には、土が乾いたら水を遣りましょう。

雨が降り注ぐような庭なら天候にもよりますが、屋根のあるベランダでは一日二回ほど必要になります。

もちろん、梅雨や台風などの気候の変化にも対応しなくてはいけません。

高温と乾燥に注意をして、ガーデニングを始めてみましょう。

夏の花と言えば、ヒマワリを連想する人が多くいます。

ヒマワリは少し手間がかかりますが、太陽の光を十分に浴びれる場所なら、すくすくと育ちます。

綺麗に咲くと、ガーデニングに夏らしさが倍増します。

苗を移植する場合は早い方がいいので、苗が小さいうちに行ってください。

ヒャクニチソウやニチニチソウなどは暑さに強いので、夏に育てるにはちょうどいいでしょう。

夏のガーデニングのポイントは、涼しげに見えることです。

植物が生い茂っていたりすれば少し暑く感じますし、枯れていたり乾いていたりすれば瑞々しさを感じられません。

大きな植物は剪定をしてスッキリさせ、木陰を作ることを意識すると、涼しげになるはずです。

そして水遣りもマメに行います。

夏は夏らしくも涼しげなガーデニングを目指しましょう。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional