一年草と多年草はどっちがいいの?

一年草と多年草はどっちがいいの?

一年草と多年草はどっちがいいの?

植物は主に『一年草』と『多年草』に分けられます。

一年草というのは、種から発芽し、花が咲き、実を結び、枯れてしまうまでが一年以内で完結する植物のことです。

春先に種を蒔くものなら、秋ごろまでに花や実をつけ、冬を越さずに枯れてしまいます。

一方で多年草は、実を結んでも完全に枯れることはなく、翌年にまた花を咲かせます。

秋までに花や実をつけ、冬には枯れたように見えるものでも、根は生きていて、また春になると芽を出すのです。

そうして毎年、決まった季節に花や実をつけるのが多年草です。

一年草の場合、枯れてしまったら処分します。

もう咲くことはないからです。

多年草の場合、その手間がいりません。

また翌年も花を咲かせてくれるからです。

ただし、何もしなくていいわけではなく、土の栄養がなくなっていたりするので、数年に一度は植え替えたり株分けをするようにしましょう。

多年草の方が手間がかからず初心者向きのように思えますが、多年草は一年草よりも花を咲かせる期間が短く、鑑賞期が限られています。

そのため、楽しめる期間が短いのです。

一番良いのは、多年草と一年草を組み合わせてガーデニングを行うことです。

多年草を軸に、一年草を季節によって替えていけば、様々な花が楽しめるでしょう。

一年草の手間も、多年草を盛り込めば軽減できます。

そうすれば常に楽しく、ガーデニングができるはずです。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional