グリーンカーテンで夏も快適に

グリーンカーテンで夏も快適に

グリーンカーテンで夏も快適に

最近、夏に家やマンションの窓の外に、グリーンカーテンをよく見かけるようになりました。

グリーンカーテンとは、植物で窓や壁を覆うことで、部屋の高熱化を防ぐものです。

植物でカーテンを作って、熱が直接部屋に入るのを防ぎます。

また、熱を吸収するので放射熱を減らし、水分が蒸発することで周囲の高温化も抑えるのです。

グリーンカーテンは、国や都道府県などの各自治体も推進しています。

植物を育てることで温暖化を防ぎ、省エネ化を促進させ、エコな取り組みだからです。

自治体でグリーンカーテンの作り方を教えてくれるところもあり、種や苗などを無料で配布しているところもあります。

自分の住んでいる都道府県や市町村のホームページなどで調べてみてください。

グリーンカーテンのお得な情報が載っているかもしれません。

グリーンカーテンには、ゴーヤーが人気があります。

ゴーヤーは夏の暑さにも強く育て方も難しくないので、グリーンカーテンに適しているからです。

あとはアサガオやヘチマなども向いています。

春のうちに種を蒔けば、7月の暑い季節には窓一面を覆うほど成長しているでしょう。

すくすくと育つので、ツルをちゃんとネットに誘引してあげるのがポイントです。

一面に育つ頃には結構重くなっているので、しっかりと支えられるようにネットを張ってください。

そしてゴーヤーの人気の一つに、実が食べられるという点があります。

大きく育てばスーパーなどで売られているようなゴーヤーが、食べきれないほど実ります。

ゴーヤーには夏バテを予防するカリウムなどが含まれているので、食べれば夏を乗り切れるはずです。

育てて食べて、グリーンカーテンで夏を快適に過ごしましょう。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional