ガーデニングは水遣りが大切

ガーデニングは水遣りが大切

ガーデニングは水遣りが大切

植物を育てるうえで、一番重要なのが水遣りです。

水はどんな植物にも欠かせません。

サボテンだって、水をずっとあげないと枯れてしまうのです。

屋外の庭の花壇なら、自然の雨もあり、土に水分も含まれているので、あげる手間も少しは省けるでしょう。

しかし、雨を遮るベランダなどでプランターで育てている場合は、マメにあげる必要があります。

基本的には、土の表面が乾いていると感じたら、水をあげましょう。

少量の水ではなく、底の穴から水が溢れるぐらいたっぷりとあげてください。

春と秋は一日一回程、夏は一日二回程あげます。

冬は週に一回から二回で構いません。

冬は水が凍る場合がありますので、夕方にはあげないようにしてください。

ただし、毎日何時に何回などと決めるのではなく、乾いたらあげるようにします。

また、花が咲いているときは、花には水がかからないようにします。

花に水をかけてしまうと、花びらが傷みやすくなり、腐ってしまうこともあるからです。

草花が茂っているときは、その葉や花をよけて土にちゃんと水をあげるようにしましょう。

受け皿に水が溜まっているのも良くありません。

根腐れの原因になりますので、溜めずに捨てるようにしてください。

水遣りはなかなか難しいもので、最初のうちはそれが原因で枯らしてしまうこともあるでしょう。

それでも、水遣りは必要なものです。

過不足なく水をあげられるようになったら一人前です。

そこからがガーデニングのスタートと言っても、過言ではないのです。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional