ガーデニングで猫から庭を守る方法

ガーデニングで猫から庭を守る方法

ガーデニングで猫から庭を守る方法

近所で見かけると可愛い野良猫。

しかし、そんな猫もガーデニングを荒らしに来ることもあります。

種を掘り出して食べてしまったり、実をかじってしまったり。

さらに、フンをしていくこともあります。

せっかくのガーデニングも、猫のために台無しになってしまうかもしれません。

猫対策もしなくてはなりません。

よく行われているのが、ペットボトルに水を入れて置いておく、というものです。

確かに、水に光が反射するのを嫌がるので、効果はあります。

ただ、慣れるとあまり効果が持続せず、光を集めて火事の原因になることもあるので注意してください。

見かける度に大声で驚かす、という方法もあります。

繰り返せば、居づらい場所という風に思うので、寄り付かなくなります。

地面に卵の殻を砕いて蒔いておくと、猫がチクチクして歩きづらいので来なくなります。

また、猫は匂いに敏感なので、お酢やコーヒー、タバコなどを蒔くと、その匂いに毛嫌いします。

正露丸を蒔く、というのもあります。

ただし、匂いが気になって私たちもあまり近寄れなくなることも。

柑橘系のハーブなども有効ですので、レモンバームなどを育ててみるのもいいかもしれません。

レモンバームは育てやすいので、猫も寄り付かなくなって、一石二鳥です。

犬を飼えるのであれば、犬に見張っててもらうのも効果があります。

猫は可愛いのですが、そんな猫を嫌いにならないように、対策をして予防をしましょう。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional