どんなガーデニングにしよう?

どんなガーデニングにしよう?

どんなガーデニングにしよう?

ガーデニングを始める際、最も大事なのがイメージです。

どんな庭にしたいのか。

それを思い描きます。

ガーデニングという言葉は、イギリスが発祥の地です。

そのため、英国風のガーデニングが多く見られます。

広い庭なら噴水やテーブルセットがあったり、バラなどの洋花が咲いているような家を見たこともあるでしょう。

ガーデニングと聞くと、このようなものをイメージする人も少なくありません。

ただし、日本にも庭園は古来からありました。

石や岩などを配して作られた庭は、古くは平安時代にも寺院や大名屋敷に作られました。

イギリスのガーデニングには、日本庭園に影響を受けたものもあるぐらいです。

ですから、そういった日本庭園を目指してもいいでしょう。

ガーデニングを家に合わせる必要もあります。

家が和風なのに庭が洋風だと、少し違和感があると思います。

どうしてもそうしたいのなら、不自然に見えない工夫が必要になります。

もちろん、そこまで考えないで始めてもいいでしょう。

とりあえず好きな植物を育ててみて、後で考えるのもありです。

しかし、行き当たりばったりでやっていると、統一感のないガーデニングになりかねません。

最初はそれでもいいですが、植物も植えて本格的になってきたら、どこかで方向を決めなくてはいけないのです。

好きな庭をイメージして、ガーデニングを始めてみましょう。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional